2020年9月24日木曜日

ななかまど・りんどう敬老会


敬老の日、ななかまど・りんどうの敬老会を行いました。

午前と午後に分けて各施設の白寿、喜寿、米寿、卒寿、百寿の方へ記念品と賞状を授与しました。

今年は百寿の方が両施設で4名と元気なお年寄りが増加していることを改めて感じました。


昼食は、ななかまど最高齢者のレシピを参考に作ったお赤飯!

甘納豆を入れたどこかなつかしい味。

全部もち米だともちもちしすぎて利用者様全員には向かない為、

うるち米ともち米をちょうどいい割合で合わせた栄養課とご利用者のコラボ作品。

「おふくろの赤飯2020バージョン!」とてもご満足頂きました。


皆様これからも健康で長生きして下さい。

ななかまど/りんどう職員一同より





2020年9月18日金曜日

おふくろの味企画


母親にとって「食事を作る」は家族を養うだけでなく、その家の味を伝承する重要な役割を担っています。

当施設の入所者は9割が女性、食事を通じて家を守り家族を養ってきた女性たちがたくさんいます。

そんなご利用者の「守ってきた味」を「施設の味」に代えることで、その方の役割は永遠とつながっていくのではないか。

当施設の栄養委員会が導き出した答えがこの企画。


その第一弾「岡〇さんちのおでん」では、山形出身の岡〇様に何度も聞き取り調査、

ベッドサイドで味見をしてもらうなど味を忠実に再現。


ご利用者は大満足。男衆は久々の酒のつまみに軽く一杯!

こんな風景がご自宅では日々繰り返されていたんでしょうね。





2020年7月27日月曜日

美味しい食事で夏バテ防止!


栄養課では土用の丑の日、海の日にちなんだお弁当をご利用者に提供しています。

土用の丑の日

海の日

施設では、噛む力(咀嚼機能)や、飲み込む力(嚥下機能)に合わせて適切な食事形態を選ぶことで、
誤嚥(食べ物が気管に入ってしまうこと)や食事中にむせてしまうことなどを防いでいます。

ソフト食

上の写真はソフト食で提供した海の日御膳です。

ソフト食とは
食事を素材ごとにミキサーにかけてペースト状にし、
その後ゼラチンなどのゲル化剤によって元の形に近い形状を再現したものを指します。

2020年7月17日金曜日

あんみつ屋開店(おやつレク)


おやつレクの一環として職員による「あみつ屋」を開店!

例年なら外出にて美味しいもの食べに行くシーズンですが今年は施設で美味しいものを味わうことにしました♪

久しぶりのあんこの味に何度もお替りするご利用者が出るほど大盛況!


新型コロナによる外出制限、面会制限の継続を余儀なくされてますが、

ご利用者に少しでも「安らぎの時間」を届けられるよう取り組んでいます。


2020年6月18日木曜日

帯広市福祉施設連絡協議会による職員表彰


新型コロナの影響で表彰式が中止となった帯広市福祉施設連絡協議会による、
社会福祉施設5年勤続の表彰状と記念品を担当者より受け取りました。

当施設の開設と同時に就職した高卒者3名を同会へ推薦し、その功績が認められての表彰です。

早速、当施設最高齢100歳のご利用者より表彰状の授与を行いました。


採用時はキャピキャピの高校生が、今では2児の母となり、当施設には欠かせない存在です。

他2名も同様に当施設の貴重な戦力として施設を支えています。

人の成長を感じる。こんなに嬉しい瞬間はありませんね。


2020年5月20日水曜日

スイカ割り


ご利用者からスイカの差し入れを頂きました。

早速、恒例のスイカ割を行いました。

新型コロナ予防対策で外出や面会が制限されている中、ストレス発散とばかりに棒を振りぬいていました!

最後に美味しいスイカで心も胃袋も癒されました。


2020年1月30日木曜日

100歳の表彰

ななかまど広報委員です。




1月29日は、当施設最年長のトモさんの誕生日。


100歳を記念して帯広市長からの賞状と記念品の贈呈!


数年前に他界した旦那様も当施設で100歳を迎え、当施設で
トモさんに見送られ亡くなりました。
当施設で「お看取り」を開始するキッカケになったご利用者です。


施設の歴史とともに歩まれたご夫婦が揃って当施設で100歳
を迎える。


介護施設では、こんな素晴らしいドラマが日々繰り広げられています。


改めて「介護」という仕事のやりがいを感じたのは私だけでしょうか。


トモさん、ご家族に対し、職員一同、心よりお祝いを申し上げます。


そしてトモさんとともに歩み続けます。


ありがとうトモさん!






※写真の使用はご家族の許可を頂いております。